BUSINESS FIELD

  • カジノの歴史

    カジノの起源はヨーローパにあるといわれ、1600年代に、上流階級向け、庶民向けの賭博場がヨーロッパ各地で広まりました。世界最古といわれるカジノはイタリアにあり1638年に出来たといわれています。
    アメリカでは1931年にネバダ州で合法化され、現在でも多くの観光客を集めるラスベガスがカジノの町として発展。1960年以降、家族連れや観光客をターゲットとしたテーマカジノが建設され、ショーやリゾート施設などのエンターテインメントとの融合施設が主流となっています。
    中華人民共和国のマカオは、ポルトガル統治時代からカジノが存在し、、2001年からの外国資本の導入により急速に発展。現在では、大型のカジノリゾートが立ち並ぶ、世界有数のカジノ都市となっています。
    カジノは地域によって発祥や歴史、文化が異なり、制限や内容も様々です。
    現在では約140の国や地域で合法化され、世界中に多くのカジノが存在しており、観光資源の一つとなっています。

  • 世界に広がるカジノ市場

    現在、市民の娯楽としてそれぞれの文化や経済にも深く根ざしているカジノ。日本でも有名なアメリカ・ラスベガスに代表される北米をはじめ、世界各地で数多くのカジノが運営されています。
    長い歴史を持ち、世界有数のカジノ都市として知られるマカオ地域をはじめとするアジア圏でも経済的な発展を背景に、フィリピン、マレーシア、シンガポールなどの各国で、新たなカジノ施設を建設する動きなどが加速しています。
    日本でもIR(Integrated Resort:カジノを含む統合型リゾート)関連の法整備が進み、カジノ施設が開業される見通しとなるなど、広大なカジノマーケットの裾野は、今もなお広がり続けています。

  • ゲーミング業界の新たな挑戦

    そんなカジノ市場の発展は、必然的にカジノマシン(ゲーミングマシン)需要に結びついています。
    現在、大手メーカーをのみならず、中小様々な企業が参入していますが、市場の拡大にともない、他分野などから新たに参入を検討する企業も増加しています。こうした競争の中、新たな技術やアイデアが投入され、ゲーミングマシンも日々進化しています。
    また、世界各地に広がるカジノ市場では、各国各地域によって、そのニーズやルールも様々で、それぞれの市場にフィットした製品開発が求められます。
    私たちは世界の各拠点からの情報をもとに市場を分析、長年にわたって培ったノウハウで様々な市場に向けた製品を開発しています。
    ギャンブル性だけでなく、エンターテインメント性も兼ね備え、ユーザーにインタラクティブな体験を提供するものへと進化するゲーミングマシン。それを提供するメーカーとして、従来にない新しい発想の製品を生み出しています。